本文へスキップ

ピアノ教室 沖縄県 那覇新都心の 音楽教室・バレエ教室 エコール・ド・ミューゼ

TEL. 098-941-7002

〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち4-10-36

会社方針CONCEPT


 第4回 エコール・ド・ミューゼ 音楽発表会
 2011年7月10日
浦添市てだこホール(小ホール)
第1部 集合写真
第2部 集合写真
第3部 集合写真
講師演奏
リトミック生による ミニ・ミュージカル「からすのパンやさん」
リトミック講師演技 プラスティック・アニメ
■制作 山城絵吏子 ■出演 神谷久恵、山城絵吏子
 (使用曲)ドヴュッシー前奏曲集第一巻より12番「ミンストレル」
 
【講師演技:プラスティック・アニメ実施にあたって】

この曲は、ドヴュッシーが好きでよく通ったというアメリカの音楽演劇団「ミンストレルズ」から名をとって作られたものです。「ミンストレルズ」のショーでは、白人が黒人に扮装し、トラッドバンドをバックにダンスを踊ったり、寸劇や滑稽劇が演じられ、1800年~1900年初期にかけヨーロッパ各地で大人気を博しました。
(その後、人種差別が問題となり衰退してゆきました)

同じくドヴュッシー作品である「ゴリウォークのケークウォーク」「風変わりなラヴィーヌ将軍」と並び、ドビュッシーが通ったミュージックホールの見世物世界です。曲中、様々なリズムモチーフが展開され、次々とドタバタ劇が繰り広げられます。

「プラスティツク・アニメ」とは、曲の様々な「要素」や「持ち味」、「その背景にあるもの(楽曲構造)」を緻密に分析したうえで、身体の動きにより音を視覚表現に置き換える方法論のことで、リトミックの創始者ジャック・ダルクローズが提唱した考え方です。
身体の動きが主体となり音が従属的になる「ダンス」とは一線を画し、あくまで音楽が主体として存在し、それを視覚的にどう解釈し身体で表現するかという点を追求していきます。